このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

遊び感覚でお金を借りてギャンブルに。(男性/30代)

男性/30代

社会人になったばかりの頃、キャッシングで10万円借りました。

この時は遊び感覚で自分のお金を出しているような錯覚が気持ちよくて、借りたお金をギャンブルに使いました。

最初は良かったのですが、段々と借りていくお金の額も増えていって、
いつの間にか自転車操業が12年もの間続くという長期間に渡っての借金問題を抱えてしまいました。

借金の問題を解決したくて、法律事務所へと向かって相談と解決をしてもらうことにしました。

債務整理を行って本当に借金問題が解決するのかどうか、最初は半信半疑でした。
偶然見つけた看板で興味を持った弁護士の方に相談してみると、任意整理と一緒に過払い金請求をしようと勧められました。

私の場合は借金が長期化していたことから、多くの過払い金が発生していたらしいのです。

確認してみると、借金総額以上もの過払い金が発生していました。
そのおかげで借金は無くなって、借金からも開放されたことで不安もなくなりました。

匿名かつ無料で債務整理の相談ができるサービスはこちら

ストレス解消のために借金を。(女性/40代)

女性/40代

私は主婦をしながら正社員として働いているのですが、日頃から会社では仕事の、
家では育児と家事でのストレスを抱えていました。

人にあたることもしたくなかったので、ストレスを発散するために買い物を楽しむようになっていました。

ブランドもののバッグや洋服などを購入することで気分を晴らしていましたが、
次第にお給料の範囲で購入できる買い物では満足できなくなっていました。

キャッシングでお金を借りるたびに買い物でブランド物を購入する
というのを繰り返していくうちに、150万円もの借金を抱えてしまいました。

もう自分では返せなくなり、弁護士さんに相談すると自己破産を勧められました。

個人の財産というものがなかったので、自己破産しても失ってしまうものはありませんでした。
借金返済のプレッシャーから解放されてよかったです。

簡単に借金は返せると思っていた。(男性/40代)

男性/40代

既婚者で子どもも二人いますが、リーマンショックの煽りで給料が減額され、ボーナスも3分の1に減ってしまいました。

家計が厳しくなっていましたが、減給以来初めての飲み会に出るためにクレジットカードで現金を借りました。
返済は楽だと思っていたので、翌月には自分の小遣いの中から返済額を出して入金しました。

その時は、簡単じゃないかと安易に考えてしまいました。

そして、給料日前に小遣いが足りなくなったので借り入れしたのですが、
限度額をあっという間に使ってしまいました。

だんだんとカードを増やしていくうちに、借金の総額はなんと180万円になっていました。

限界がきて、私はサイトを介して知った弁護士さんに相談することにしました。

債務整理を行ってもらい、民事再生を勧められましたが、
家族には借金のことを知られたくなかったので、任意整理を行ってもらいました。

そして、債務整理の結果、月々に払う返済額は4万円になりました。

弁護士さんには親身になって相談に乗ってもらい、とても感謝しています。

債務整理の相談をするなら

街角相談所-法律-

街角相談所-法律-
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

債務整理はどこの法律事務所でもできますか?

法律上では債務整理は弁護士や司法書士の方ならば、誰でもできるようにはなっています。

法律事務所自体で債務整理を専門としている場所は探せば見つかります。
弁護士も司法書士にも、法律で認められている独占業務があるため、債務整理以外の業務範囲が幅広くなっています。

一言に弁護士、司法書士と言ってしまっても、それぞれには得意分野や不得意な分野があります。

裁判に強い弁護士や契約書に強い司法書士など、様々な分野に特化している人がいます。

そのため、債務整理を行ってほしい場合には、債務整理での評判はもちろんのこと、
債務整理の得意な弁護士や司法書士をさがす
のが大切です。

任意整理のメリットとは?

債務整理にもいくつかの方法があります。

その中の1つである任意整理は、裁判を介することなく直接的に交渉することで、
利息の軽減や返済期間の延長を話し合い
で決め流ことです。

依頼主である人が直接交渉を行うこともできますが、知識がない場合は相手側に流されるままになってしまうことがあるので、
弁護士に依頼して依頼主の代理として交渉を任せることをおすすめします。

任意整理のメリットは将来利息を0にすることができるので、借金返済も早くなることです。

また、過払い金があった場合は返済に充てることができるので、債務整理を行うことで借金をすべて返済することもできます。

家族や会社にバレないように進められる方法でもあるので、
周囲の人に借金のことがバレたくないという人は、任意整理を選ぶのをおすすめします。

専門家を選ぶポイントは何ですか?

債務整理を依頼するにあたって専門家が信頼できるかどうかが重要になりますが、この時に自分側での手間も惜しんではいけません。

債務整理についての知識を、少しでもいいので身につけておく必要があります。

弁護士事務所にとっての利益が多くなる方法で債務整理を行うように促される場合や、
お金にならない案件だということで後回しにされることがあります。

そのために、債務整理についての知識をつけたり、まずは無料相談で借金について話し合うことが大切です。

次に、自分から会いにいける距離にある法律事務所を選ぶようにしましょう。
直接会って話し合いをすることで、債務整理が失敗する確率を下げることができます。

ですが、地方には債務整理を得意としている弁護士は少ないため、
都心部の弁護士に依頼する場合には、電話で弁護士と相談ができるようにしておくことにこだわるようにしましょう。

また、弁護士にも得手不得手の分野があります。

債務整理を専門としている弁護士がいる場合は、その方に依頼するようにしましょう。

債務整理について無料相談で聞けることとは?

債務整理について、法律事務所への無料相談でどれだけ聞けるか気になるところですが、
無料相談では基本どんな質問にも対応してくれます。

債務整理を行いたい場合は借金問題の現状についての説明をして、自分に合った債務整理を行うようにしましょう。

ですが、債務整理は法的知識がない方では、一人で対処しきれないことが多いです。

必要になる書類も多く、任意整理の場合は銀行側との交渉も必要になってくるので、
一人ですべて解決するのはおすすめできません。

無料相談はその法律事務所がどれだけ信用、信頼できるかどうか確認をとることもできる方法になっています。

債務整理について無料相談を行うことで、その法律事務所がどれだけ信頼できるかどうかを確認してから、
債務整理の依頼を申し込むようにしましょう。

法律事務所に行きにくい時はどうしたらいいですか?

借金に悩んでいても、それを弁護士や司法書士に相談しに行くと決めることをためらう方は多いです。

無料相談を行っていない法律事務所は特に、相談料が高くなってしまうので、
なんのメリットもないと損をしてしまうだけという気持ちがでて、さらに相談に行くのをためらう方もいます。

そんな時に利用するのが無料診断シミュレーターです。

このシミュレーターは無料でどういったふうに借金の問題を解消するか、その方法を診断することができるものです。

無料診断シミュレーターは、匿名での利用が可能なうえに、
住所も入力することなく診断ができるようになっています。

法律事務所では相談に行くだけでも費用がかかってしまうからと、
この無料診断シミュレーターを使用する方は増えていっています。

借金問題について悩みを抱えてはいるものの、法律事務所に行くのを迷っている方は、
まずは無料診断シミュレーターで債務整理の方法を診断してみてください。

ギャンブルの借金も債務整理できるのでしょうか?

ギャンブルをして作ってしまった借金でも、債務整理を行うことは可能です。

ですが、ギャンブルで拵えた借金を債務整理したいと法律事務所に相談される方は少なく、
借金の悩みを抱えたままになっていることが多いです。

ギャンブルで作ってしまったという借金も、生活費やショッピングで抱え込んでしまった借金と同じように
債務整理をすることができるため、一人で悩むことなく、遠慮せずに法律事務所へ相談しに行きましょう。

借金もあるのに弁護士費用は払えないです。どうすればいいですか?

借金での返済に追われているから法律事務所へ行きたいのに、弁護士の費用が高くて払えないと考えている人は多くいます。

ですが、借金で困っていても、弁護士費用を払うことはできます。

ほとんどの法律事務所では、費用を分割にして支払うことができるように認められているので、
高い費用を無理やり一括で請求することはありません。

また、債務整理を正式に依頼すると、弁護士側から債権者へと受託通知を送るようになっています。

この受託通知が送られれば、取り立てや督促が止まるため、
弁護士に依頼をしてから数ヶ月の間は依頼主は借金の返済をしなくて済む
ようになるのです。

借金返済にあてていたお金を弁護士費用としてまわすことができるので、
新たに借金をすることも無理をすることもなく、弁護士費用を払うことができます。

債務整理はスムーズにできますか?

必要とする書類も多く、場合によっては裁判を開くことも必要になる債務整理は、
実際に依頼を受任して手続きが開始される日になっても、上手くことが運ばない時もあります。

依頼主にとっては一刻も早く借金問題を解決して、借金返済の不安から解放されたいところですよね。

弁護士側が手が回っておらず、手続きも進まないというときには、
別の弁護士に変更したいと言っても、着手金は返ってきません。

こういったことは少数での経営をしている法律事務所で起こり、
場合によっては利益の多い案件を優先されて、後回しにされていることもあります。

そのため、あらかじめ債務整理を得意としている法律事務所を探して、
必ずすぐに債務整理をしてくれるという弁護士を見つけるようにしましょう。

債務整理をしたら、周囲に借金のことがバレるのですか?

借金のことが家族や会社にバレてしまうのは、弁護士や司法書士の配慮が不足したときに発生しうる事態です。

ですが、自己破産や個人再生などの債務整理の方法を選ぶと、裁判を介する手続きが必要になってくるため、
身内にバレないようにするのは基本的に困難です。

そのため、どうしても周囲の人に借金のことや債務整理のことを隠しておきたい場合は、
その心配の可能性が低い任意整理を行うようにしましょう。

専門家の手助けがあれば、まずバレることはありません。

特に、債務整理を専門としている法律事務所では、こういったことを事前に把握しているので、
周囲にバレないための配慮
もしっかりしています。

債務整理に保証人は立てられますか?

債務整理について、保証人の擁立は可能になっています。

ただここで忘れてはいけないのが、免責される金額のすべては保証人のもとに請求がいくということです。

任意整理をした場合はカットした利息の金額が、個人民事再生をした場合は元本から減額された金額が、
自己破産した場合は借金の金額すべてが保証人に請求されることになります。

裁判所に申立をすれば、保証人は分割で借金返済をしていくことができますが、それをしなかった場合は一括での借金返済を要求されます。

債務整理の時に保証人を立てる場合には、個人民事再生や自己破産を選んだ時、
裁判を介するので保証人にも相談しておくようにしておきましょう。

また、保証人には債務者に対して弁済請求権というものを持っています。

そのため、保証人が支払った金額を請求されることがあります。
保証人を立てる時は、保証人との話し合いを大切にしましょう。

過払い金がもらえなかったです。なぜですか?

過払い金とは、債務者が賃金業者に対して払いすぎていた利息のことをいいます。

この利息がない場合は、過払い金をもらうことは当然できません。
ですが、長期間に渡って借金を返済している方の場合、過払い金が発生していることがあります。

借金を返済している最中なら、過払い金を借金返済の金額にあてることができるので、借金額を減らすことができる可能性もあります。

また、借金の返済が終わっているという場合でも、
完済から10年以内の場合は過払い金の返還請求をすることができるようになっています。

ですが、依頼した法律事務所によっては、過払い金がもらえていないことを
依頼主が気づかないまま債務整理が終わってしまうこともあります。

過払い金の説明をきちんと行ってくれる法律事務所では、
過払い金の上限がいくらで何%の返還で和解したかどうかを説明してくれます。

長期に渡って借金返済をしてきたのに過払い金がもらえていない場合は、信頼できる法律事務所へ相談するようにしましょう。

債務整理はいつやればいいのでしょうか?

債務整理をいつやればいいの、タイミングを掴めないという人はたくさんいます。

法律事務所に相談しに行くのをしぶったりするのも理由の1つですが、どの法律事務所へ依頼すればいいのか迷ったり、
今じゃなくてもいいやと後回しにしてしまう場合もあります。

ですが、債務整理についてはできるだけ早く行うことをおすすめします。

早めにやっておくことで借金返済をすぐに終わらせることもでき、日頃の不安からも解放できます。
ですが、早め早めに借金を返そうと焦って、適当な法律事務所を選んでしまうと、債務整理に失敗してしまうことがあります。

その場合は金銭的なダメージを受けてしまうことがあるため、法律事務所選びには慎重にならなければいけません。

このページの先頭へ