実際の体験談をご紹介

借金300万を任意整理で解決しました。(男性/30代)

男性/30代

私は土木・建設業で働いている30代の男性で既婚者です。

借金をしてしまった経緯は、パチンコやスロットなどのギャンブルが好きで、
のめり込んでしまったことが原因です。

始めのうちは借金などをせずに、自分の給料内で楽しんでいたのですが、
いつしか消費者金融に借金をしてまで遊ぶようになってしまったのです。

そして、あれよあれよと借金の額が増えていき、気づいた時には借金は300万円ほどになっていました。

さすがにこれはマズいと思い始め、インターネットで色々な情報を集めていると、
借金相談カフェという借金の無料相談を受けつけているサイトを見つけました。

早速、借金の問題を相談してみると、自分の場合は任意整理で解決できるとのことでした。

そして、近場で信頼できる法律事務所を紹介してもらい、賃貸業者と任意整理の交渉に入りました。
交渉の結果、借金が総額の半分以下ぐらいになって、とても驚きました。

今ではギャンブルからは足を洗い、二度と借金をしないことを誓って真面目に働いています。

借金もあと少しで完済できるので、ひとまずは安心といったところでしょうか。
債務整理に興味がある方はまず、借金相談カフェに相談することをおすすめします。

借金相談カフェなら簡単な質問に答えるだけで診断が受けられますし、
匿名やニックネームでもOKなので、家族や会社などに内緒で相談が可能です。

自分も妻に内緒で借金をしていたため、その点はとてもありがたかったです。

借金相談カフェ

借金相談カフェ
  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 完全匿名で利用できて個人情報厳守なので、誰にもバレれない
  • 自分に最適な法律事務所や司法書士事務所を紹介してもらえる

その他の体験談

おすすめの債務整理方法5選

借金で悩んでいる人のなかには、返済をしたくてもできない人もいると思います。

友人や知人、親戚に借金返済の肩代わりを頼む人もいるかもしれません。
しかし、知り合いにお金の相談をすると、その後の人間関係に亀裂が入ってしまう可能性が高いです。

借金問題を自分で解決するためには、債務整理という道があります。

以下でおすすめの債務整理の方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

借金歴をチェックして、過払い金請求の可能性を探る

本格的な債務整理を考える前に、まずチェックした方がいいのは自分の借金歴です。

いつどのくらいの金額を借金し、また返済したのかが分かれば理想的です。
もし多めに返済をしていた場合、その一部を返金してもらえる可能性があります。

このように、余分に払いすぎたお金の返還を請求することを過払い金請求と言います。

過払い金とは、利息制限法という法律によって認められた払い過ぎた借金のことです。
特に過去に長期間、多額の返済を行っていた人ほど過払い金請求ができる可能性が高まります。

なお、過払い金請求をするときには、期限に気をつけましょう。

もし、借金を完全に返済したときから長期間経っていたとしたら、残念ですが過払い金請求はできないかもしれません。
それは過払い金請求をできる期間が、完済時から10年と定められているからです。

スケジュール帳や当時の借金の返済メモなどがあれば、確認することをおすすめします。

過払い金請求は返金されることが最大のメリットですが、デメリットもあります。
それは一度過払い金請求をした業者からは、新たに借金をすることができないことです。

しかし、他の業者からは問題なく借り入れることができます。

債務整理の最終手段は自己破産

自己破産という言葉は、誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか。

そのため、詳しい内容はわからなくても、借金が帳消しになるという概要だけは知っている人も多いはずです。
確かに自己破産を裁判所に申し立てて認められると、借入金を返済する義務がなくなります。

しかし、デメリットも大きいので以下で確認しておきましょう。

まず、自己破産が認められた人はブラックリストに入り、新たな借金がしにくくなります
具体的には、住宅ローンや車のローンが組めなくなり、クレジットカードも利用できません。

また、現金や銀行口座に多額の預金がある場合、没収対象となる場合があることも覚えておきましょう。

さらに、自己破産をしても借金自体が消滅するわけではありません。
例えば、借金の連帯保証人に家族がなっていれば、その家族に対する取り立て行為は通常通り行われます。

これでは、自己破産するメリットがあまりないかもしれません。

これらは自己破産することで生じるデメリットの一部です。
大きな決断をする前には、家族や周囲の人に相談することをおすすめします。

周囲へ秘密にしたいなら任意整理

任意整理は借金をした人が弁護士に依頼して、債権者(金融業者)と話し合い、妥協点を協議する債務整理の1つの方法です。

裁判所などを介さずに当事者同士で行われるので、法律に詳しい弁護士などに依頼することが一般的とされています。
任意整理のメリットは、会社や家族にその事実を知られる可能性が低いとことです。

これは、手続きに必要な書類が少なくて済むからだと言われています。

ただし、任意整理では将来利息や遅延利息などの利息が免除されることが一般的で、借金の元本が減額されるわけではありません。
そのため、借金の総額で考えると、減額されるお金が少ないと感じる方もいるでしょう。

また、任意整理で調整する借金の返済期間は基本的に3年となっており、この期間内に返済できるように計画を立てる必要があります。

そのため、無職など安定した収入がない人は、任意整理の手続き自体ができない可能性があります。
アルバイトやパートなど少なからず安定収入があれば、交渉可能です。

大きく借金を減らしたいなら個人再生

個人再生という債務整理の方法は、任意整理より多額の借金減額が見込めると一般的に言われています。

しかし、任意整理より手続きが複雑で手間もかかるため、プロに頼む費用が高くなるという懸念もあります。
それでも借金の額が多い場合は、一度検討してみるといいでしょう。

個人再生を申し立てると、借金の金額や保有資産の状況を加味した最低弁済額が決定されます。

借金を返済する人は、基本的に最低弁済額を3年間で返済しなければなりません
そして、個人再生は大きく2つに分けられます。

1つは小規模個人再生で、小規模の事業者や個人の事業主を対象とした手続きになります。

申し立て条件は、「将来的な安定収入見込みがあること」や「借入総額が5000万円以下であること」などです。

もう一つは給与所得者等再生で、こちらは給料がメインの収入源であることが条件に加わるため、
会社員などを対象としていると言えます。

なお、個人再生を行うとブラックリストに載る可能性があります。
そうなると、クレジットカードの利用や色々なローンによる買い物に制限がかかることも覚えておきましょう。

弁護士への依頼費用を節約したいなら特定調停

特定調停という債務整理方法では、調停委員会という仲介役を立てることになります。

調停委員会は簡易裁判所によって選ばれ、選出される人は基本的に弁護士資格を所持する人です。
しかし、その人が必ずしも債務整理のスペシャリストであるとは言えないので気をつけましょう。

特定調停の特徴は申し立てが簡易化されているため、法律に詳しくない人でも手続きを進められる点です。

弁護士へ依頼しなくても申し立てできるため、依頼費用を節約したい人に適していると言えるでしょう。
借金の減額効果は元本カットがないため、大きくは望めないことが一般的です。

自分にあった債務整理の方法を見つけよう

借金をずっと背負い続けるのは、大きな負担となります。

その負担を減らすためにも、勇気を出して債務整理を検討してみてはいかがでしょうか。
自分にあった債務整理の方法が見つかれば、心身的に健全な生活を送れるようになると思います。

まずは一人で悩まずに、匿名かつ無料で利用できる借金相談カフェの相談サービスを利用してみてください。